行政書士試験短期合格術 小野敬人 民法攻略 評判

アクセスカウンタ

zoom RSS 行政書士試験短期合格術 小野敬人 過去問 新試験制度

<<   作成日時 : 2010/08/18 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

詳細はこちらをクリック


画像




勉強時間の確保は大変です。昼間仕事をしながら夜の時間を

効率よく時間を配分して行政書士受験勉強に当てたいものです。


以前は、行政書士は簡単な試験だと聞いていたので

過去問中心の勉強すればよいと簡単に考えていました。

これが大きな間違いで、かなり難しくなっています。



行政書士試験に合格するためにはとにかく

過去問が大切といわれてきましたが、

実は、近年行政書士試験も社労士並みに

難しくなっています。



最近では、法科大学生が受験するほどのレベルも

上がってきています。


過去問中心の勉強法だけでは点が伸びないのです。



画像




新試験制度移行したあとは、ただ単に基本書を

読んで過去問を繰り返し解いたとしても行政書士試験に

合格することはできなくなってしまいました。




その理由は、




民法の難易度が向上したからです。


民法は行政法と大きく異なり、

記述問題に半分以上の40点の配点がなされています。

つまり、行政法は過去問中心の勉強で択一式問題への

対策をすればOKですが、


民法を攻略するためには、受験生の誰もが

苦手とする民法の記述問題に強くなる必要があるのです。



行政書士試験合格のための条件は、

1.全300点中6割以上の180点以上をとること。
2.一般知識等科目の得点が、4割以上(6問正解)であること。

この2つです。

どちらか一方が欠けていてもダメです。



平日は仕事をしていますから勉強時間は限られています。

限られた時間を効率よく当てたいものです。


現実的には、平日勉強時間が取れない方が多いようです。

その為の「行政書士試験短期合格術」です。

詳細はこちらをクリック




購入実践者の感想です。


テキスト購入者のA様

私は、独学で過去3回行政書士試験にチャレンジしています。


それぞれの得点は、
平成19年が120点台、
平成20年が120点台、
平成21年が164点でした。

昨年の不合格の原因は、やはり民法でした。
記述式も28点しか得点できませんでした。


小野様のテキストを拝見させていただきましたが、民法
は「原則」「特則」「要件」「効果」がとてもわかりや
すくまとめられていると感じました。


また、文章理解の攻略方法についても、適切な指摘がさ
れていて「目からウロコ」でした。


攻略方法にしたがって、市販の練習問題を解いてみまし
たが、ほぼ満点を取れることができました。


詳細はこちらをクリック


このブログは、小野敬人さんの 行政書士試験短期合格術 

の口コミ 感想 レビュー 評価 購入者の声 評判 過去問 検証 効果

新試験制度 民法攻略 内容などの情報を公開しているブログです。




行政書士コンテンツ販売代理権




















■ この参考記事も読まれています











ケアマネらくらく合格勉強法 三島茂人 口コミ


行政書士試験短期合格術、3ヶ月で合格 小野敬人 民法攻略 評価


潜在意識を活用資格試験一発合格術は2つの秘訣 梅村武史 口コミ







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
行政書士試験短期合格術 小野敬人 過去問 新試験制度 行政書士試験短期合格術 小野敬人 民法攻略 評判/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる